top of page
検索
  • 執筆者の写真Sankirai

健康寿命を語る上では外せない、「」

「フレイル」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは英語の「Frailty」が語源となっています。


意味は、「虚弱」。


そしてフレイルという言葉は、


「加齢により心身が老い、衰えた状態」


という意味で使われます。


フレイルになると、

死亡率の上昇

身体能力の低下

病気にかかりやすい

ストレスに弱い

転倒して骨折

基本的な生活の質の低下

などが起こります。


フレイルに当てはまるかどうかの基準は、

①体重減少(意図しないもの)

②疲れやすい

③歩行速度の低下

④握力の低下

⑤身体活動量の低下

があります。

このうち、3項目以上当てはまるとフレイルと言われています。

その他1つ2つでも当てはまる方は、フレイルに近づいていると思って危機感を感じた方がいいかもしれません。


ここまで淡々と脅すような感じで書いてきましたが、フレイルは自分である程度予防できるものになります。


まずはなんと言っても運動です。

特に下半身や体幹のトレーニングを日常に取り入れてあげるといいでしょう。

そしてバランスのいい食事。

たんぱく質をしっかりとって、筋肉や骨が弱らないようにしてあげましょう。

あとは他者との関わりということで、コミュニケーションを取れるお友達もいた方がいいでしょう。

おすすめは一緒に運動をする仲間を作っとくことです!


以上のことを少しずつでも意識していけば、フレイルを遠ざけることができます。


自分の健康は自分で守れるように仲間を作って頑張りましょう!

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page